スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶杯

_MG_2011_1.jpg

ミニミニなカップ&ソーサーと言った方がぴったりな感じの茶杯。

・・・あー、なぜ湯気が写っていないのだ、、(>_<)

これ、茶杯の高さの3分の一ほどが茶托の中にはいっているんです。

夫によく中国茶に使う茶壷や茶杯っておままごとみたいだって言われるけど、ほんとそう。

かわいっしょ。

お茶は小梅茶荘さんの武威岩茶で肉桂です。

スポンサーサイト

杭州散歩録

勉強してきたー、胃が痛くなるほどだったー!と言いつつも、ほんとは人の何倍も息抜きをし楽しいこと探しをしていたcoccoでございます。

・・・こんなんだから落ちこぼれなんだけど、^_^;

朝の涼しい時間を使って、わずかな時間でも『中国』をむさぼっておりました。


R0014373_1.jpg

今はどこもかしこも大工事中な杭州。

写真はないけど、龍井村も大規模な改修工事が行われていました。



R0013976_1.jpg

足場は竹で組まれています。


R0013975_1.jpg

大通りからちょっと路地に入るとこういった光景。
そうそう、こういう景色が見たくていったのですよ。。。



R0014021_1.jpg

西湖を探してうろうろしていたところ、孫を連れたおじいちゃんの後を付いていったら、んー、、、的外れだったかー。

R0013972_1.jpg

新聞配達中のおにいさん、道端で自転車のチューブ交換をしていました。
こういうところになんか中国のたくましさを感じます。



R0014023_1.jpg


あちこちで見られた朝ごはんの風景。
ホテルよりもこういうところで食べてみたかったー!


結局この日は西湖にたどり着かなかったけれど(爆)、試験の終わった最終日に先生のお誘いでみんなで朝の散歩に行くことが出来ました。


R0014215_1.jpg

いいねぇ、そうそう、急ピッチで変わっている中国だけどこういうラフなスタイルが観光客としてはとても嬉しいです ww

西湖は朝早くから太極拳やジョギングを楽しむ人たちでいっぱいでした。 


R0014220_1.jpg

おばあちゃんたちはベンチで休憩中。 


R0014237_1.jpg

野菜の摘み籠らしきものを改良して作られた赤ちゃんの籠がかわいかった。


R0014279_1.jpg

お茶を売っているんだと思うんだけど、この使い込まれた魔法瓶が景色に溶け込んでいてなんともいいかんじで。


あーーー、、言葉がしゃべれたらなーと前回以上に強く感じた中国・杭州への旅でした。

講習の終わったあとはふらふらとスーパーめぐりをしたりもしたけど量り売りの多い中国、買い物ひとつ満足できなくて・・・
人のやってるのを充分に観察してチャレンジしてみたけど、売り場のおばちゃん足したり減らしたりしながらいろいろと早口で話しかけてくるのでなにを言ってるのかさっぱり。。。
こっちも『わからない、わからない』と首を横にふり、向こうは向こうで『听不懂/ティンブドン』の嵐で、、(>_<) 




R0014148_1.jpg

終わって一週間もたつと、あれほど大変だった日々も残った写真のせいか楽しいことばかり思い出すのです。


あー、今度こそ上海に行きたーい!!


杭州へ

評茶の勉強で杭州へ飛んでまいりました。

今回の一番の収穫は径山寺(万寿禅寺)に連れて行ってもらえたこと。
日本とのかかわりの深いお寺ですので、きっと名前をご存知の方も多いのではないかと思います。

茶葉学会の名の下、個人旅行では味わえないだろう貴重な経験をさせていただきました。


R0013891_1.jpg
径山寺(万寿禅寺)


R0013949_1.jpg
径山茶の茶畑


R0013950_1.jpg
茶樹

R0013909_1.jpg
茶畑に向かう途中で



R0013961_1.jpg
お寺のワンちゃん


難しい話は苦手なので、お茶の話はこの辺で。


6日間のうちなか4日は胃が痛くなるほどのプレッシャーの元みっちりお勉強でございます。
いやもうね、、、本気で逃げ出したくなるほどでした、、、

つづく・・(たぶんあと一回ぐらいは。)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。