スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハッピートーイズ あみぐるみ編

フェリシモのハッピートーイズ、パッチワークに続いてあみぐるみ編。
こちらは4体参加させていただきました。
一体一体、名前をつけて送るんです。


_MG_8927_1.jpg
春分の日に作った一作目、はる君。

_MG_8926_1.jpg

スカートめくりができる、しずかちゃん。

_MG_8933_1.jpg

お花のブローチ、ローズちゃん。


_MG_8935_1.jpg

震災の後に名づけられた、のぞむ君。



フェリシモさんのブログを読んでいたら、このうち二体らしきものが被災地の子供達に届けられたみたいです。

DSC02854_1.jpg


今年のハッピートーイズプロジェクトがスタートしています。

今度のテーマは「夢の扉をひらこう」で、作るのはトナカイさんですよ。






骨董ワールドで買ったもの。

かわいい古布がないかなと思って出かけた骨董ワールド、結局欲しいと思っていた布ものは少なくて、急須を何個か購入してきました。

さてこれはお宝か、それともごみなのか(爆) もっとも私にはそれを知るすべもないのだけど・・。


_MG_9944_1.jpg

使用感はないです。

IMG_9948_1.jpg

脚も金魚。


IMG_9949_1.jpg

茶壷(急須)のなかにも金魚。

金魚壷というらしく、今でもよく作られる形みたいです。
検索をかけると似たものがでてきます。

店主はあまり詳しくなさそうで、古いものだとしか・・・^_^;
だからそれほど高くもない値段で買えたのかもしれないし、もっともっと価値のないものなのかもしれないし・・。

こういったものは本人が気に入ればよしということで。

購入した時はもっとほこりにまみれていて、中の金魚は砂らしきものに覆われている状態であやしさ満点でした。
水あらいしただけでは、蓋の金魚の周りにわけのわからない黒ずみがあったり、ムラのあるてかりがあったりで、これがうわさの靴墨か?とさえ思いましたが、どうやらその心配はなかったようで、ちょっとは見れる状態になったかなと。


他には、古い萬古焼の急須とか。(下2点は100ccぐらいのちっちゃいモノ)
蓋のつまみがくるくる回ります。

_MG_9942_1.jpg


まったくわけのわからない急須とか・・・(これは完全にごみだな、、) 
真っ黒だったので漂白しようとしたら、もともとわれて継ぎ目のあった蓋の糊がとけて3分割しました。

_MG_9938_1.jpg

以上、私の散財レポでした。 





味噌作り2011

ことしも味噌作り。

昨年、一昨年とまろにゃんさんのご近所さん宅で作らせて頂いていたのですが、今年はまろにゃんさん宅にて作ることに。

一年たつと昨年のことをすっかり忘れているもんで、今年も来年のために備忘録ってことで。


ちなみに昨年の味噌の出来は大豆(とよまさり・富沢商店):米麹(富沢商店)=1:1.5 の割合でやったところ、甘みが増しておいしく出来て大成功でした。

今年のレシピはさらに麹の割合を増やしこちら。
 
 大豆(有機大豆、岩茶坊さんでわけてもらったもの):1㎏
 米麹(富沢商店):2㎏
 塩(赤穂の天塩):590g
 煮汁 : 480cc (かたさを見ながら調整)

 他用意するもの:タッパ 漬物袋(小)



・下準備【自宅で】

 1、大豆を洗って、一晩寝かせる。
 
 一晩寝かせるとふっくら膨らんでいます。
 DSC02084_1.jpg

 

 2、数回(2~3回)に分けて圧力鍋で大豆を煮る。
   5分~10分ほど圧をかけ、そのあと自然放置(15分~20分程度)
DSC02095_1.jpg
(反省点)5分でやったら、今年は豆がちょっと硬かった、、、来年は時間にもっと余裕を持ってやるべし。


このあと、煮汁を少し入れて漬物袋に煮た大豆をいれ(漏れ防止)タッパに詰め、まろにゃん宅へGo!



【味噌作り会場での作業】

 3、大豆をよく潰す。マッシャー、ブレンダー、フードプレッサー等お好みのもので。
   私はブレンダーを使いました。
   煮汁を足して硬さ調節をします(耳たぶぐらいのかたさに)

 
 ここまで出来たら8割がた出来たようなものです。 
 今年は大豆の煮る時間が足りなくて、少し硬めで潰すのに苦労しました。若干やわらかめの方がいいみたい。
 煮汁の足しすぎにも注意。

 
 4、米麹を手でよくもみほぐす。
 
 _MG_8991_1.jpg


 5、分量の塩と米麹から最後に味噌の上にのせる分をとっておく。
   残りの塩と米麹をよく混ぜる。


 6、米麹に潰した大豆をちょっとずついれながら、もむようによく混ぜる。

 DSC02101_1.jpg

 ↓

 DSC02120_1.jpg

 いい感じになってきました。


 7、空気を抜くように味噌玉を作る。

 DSC02112_1.jpg


 8、タッパに漬物袋をセットし、味噌玉を投げつけるようにいれながら(空気を抜きながら)つめていく。



 9、最後に5でとっておいた米麹と塩をふり、袋の空気をよく抜く。

 DSC02161_1.jpg

 ↑cocco味噌

 IMG_9023_1.jpg

 ↑まろにゃんさんの味噌 & 今年は猫友くまははさんの分も作成。

 
 10、おいしくなるようにおまじないをする。

_MG_9002_1.jpg



 味噌作りの後は、まろにゃんさんとひなちゃんママが用意してくれたおいしいお食事が待ってます。

 DSC02169_1.jpg

 まろにゃんさんのちぢみ~♪


 DSC02174_1.jpg

 同じく肉団子のスープ~♪


DSC02165_1.jpg

 ひなちゃんママのアボガドとトマトとチーズ&生ハムのサラダ~♪


ご馳走様でした。 ありがたくとってもおいしく頂きました( ̄人 ̄)

デザートは私の持っていった堂島ロールで。(←私だけ手作りではない、、www)

DSC02188_1.jpg


お土産付き~♪

_MG_9019_1.jpg

今年もひなちゃんママの娘さんお手製のアイシングクッキーを頂きました。

ほかにもまろにゃんさんからもういろいろと。。。えへへ。 





今年は味噌作り中になんでこんなに写真が多いかというと・・・


DSC02139_1.jpg

途中ブレンダーで手を切り見学者になっていたからでありました。(あ、たいしたことはないです、心配無用)


 では今年もおいしく出来ることを願って・・・


 今年もお世話になった皆様、ありがとうございました。
   

参照:     味噌作り2010
         味噌作り2009

ハッピートイズ プロジェクト

フェリシモのハッピートイズ プロジェクトに初参加してみました。

_MG_6586_1_1.jpg

右から2番目がキットの布地で、他3体はあまり布やら私の着なくなった布地から作ったもの。

フェリシモさんが発展途上国の子供達に届けてくれます。


喜んでくれるかなぁ。。。 「あたしのかわいくなーい、、」って泣かれなきゃいいけど、、www

今日はこの子達に、名前をつけて、エントリーシート用の写真を撮って・・・と。

どこの国の子達に届くのかなー。 

かわいがってもらえますように。


Chiyo.jpg


_MG_4225_1.jpg


Momo.jpg


DSC01449_1.jpg

茶杯

_MG_2011_1.jpg

ミニミニなカップ&ソーサーと言った方がぴったりな感じの茶杯。

・・・あー、なぜ湯気が写っていないのだ、、(>_<)

これ、茶杯の高さの3分の一ほどが茶托の中にはいっているんです。

夫によく中国茶に使う茶壷や茶杯っておままごとみたいだって言われるけど、ほんとそう。

かわいっしょ。

お茶は小梅茶荘さんの武威岩茶で肉桂です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。